夜勤もある看護師のダイエット

夜勤もある看護師は、普段の生活リズムが不規則になりがちで、食生活も非常に不規則になりがちです。人が寝ているときに働くわけですから、当然仕事中お腹がすいてきます。我慢して食べないようにすればいいのですが、それでは仕事になりません。ですから仕事中にどうしても食べてしまう。そこで太ってしまう看護師が多いのです。
しかし、俊敏な動きや判断も求められる看護師が太ってしまっては仕事になりません。そこでダイエットに励む看護師も多いのです。看護師のダイエットでまず実践しなくてはいけないのは、勤務時間中のおやつです。お腹がすくと仕事にも集中できないので、仕事中でもついつい何かを食べてしまいがちです。そのとき、御飯やラーメンなどを食べてしまうとあっという間に太ってしまいます。なるべく食べないようにして、どうしてもだめなときはカロリーが少なくヘルシーなものが良いです。
次に気をつけたいのはストレスです。看護師は疲れもストレスもたまる仕事です。疲れているからといってただだらだらと寝ているだけだと体の疲れは取れてもストレスや精神的疲れはたまっていきます。その精神的疲れを取らなければストレスから太ってしまうこともあるのです。日常の生活の中でストレスを発散させる工夫をして見ましょう。
最後に、看護師は立ち仕事の非常に多い仕事なので、仕事をしているうちに下半身がむくんだり、太ってしまうことが多いです。加圧式のストッキングを着用するなどでそういった下半身太りを軽減させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です