看護師の飲み会って

世の中に当たり前にある、職場の飲み会。看護師の世界にも、それがないわけではありません。夜勤もあるのに、飲んで大丈夫?と思われがちですが、きちんとシフトをこなし、次の日の勤務に支障のないメンバーで集まれば問題ありませんので、職場内のコミュニケーションの一環として飲み会はあってもいいことだと考えます。看護師らしく、無理な飲み方はせず、日々の仕事に対する愚痴を語ってもいいですし、将来こうありたいと言う希望を語る場になってもいいのではないでしょうか。
飲み会では上下関係のパワーバランスもはっきりと見えますので、改善したいこと、伸ばして行きたいことなどを話し合う場にしてもいいですね。お酒の席で仕事の話はしないと考えられる方もいますので、それは周りの様子を伺いながら考えればいいことですので、会話の内容は臨機応変に変えて行きましょう。
もちろん、お酒を飲めない方も中にはいらっしゃると思いますので、飲酒を無理強いしてはいけません。看護師ですから、無理な飲酒の末路はしっかりと知っているはずです。自分自身も醜態をさらすことのないように、お酒の量はしっかりと把握して悪酔いしない程度の楽しいお酒が飲めれば一番ですね。
お酒は適度に飲めば百薬の長となります。自分の適量を知り、笑いの絶えない飲み会なら定期的に開催してストレス発散に利用しましょう。シフトの変化でメンバーも変われば話題も変わります。適度なお酒で、楽しいコミュニケーションを計れるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です